【PS4】BF5が終了っぽいので、BF民がCoD:MWに乗り換えてみた

この記事は約4分で読めます。

2020年4月末に公式より「独立したアップデートは、6月で最後」という発表がありました。まあ、事実上「終了」ってことですね。

スタートでコケてしまったBF5ですが、そこそこ盛り返してきた感じだったので、本当に残念な報告です。くよくよしていても仕方ない、次回作に期待しましょう!

BF5も、ちょうどマンネリ化してきていた頃だったので、ちょっと違う世界でも見てみるか!と思い『Call of Duty Modern Warfare』をプレイしてみることにしました。

BF5が終了っぽいので、BF民がCoD:MWに乗り換えてみた

今までBFシリーズ一筋で、ここまでやってきたので「CoDで通用するのかな?」と思いながら、CoD:MWを購入して遊んでみました。

敵は『猛者』だらけ!

同じレベル帯の人とマッチングするだろうと思っていたのですが…甘かったです。
レベル100以上の猛者達の部屋に、容赦なく放り込まれますwww

初めの5試合ぐらいはボコボコにやられましたが、マップの構造が理解できてくると、意外と普通に戦えます♪

数時間遊んでいると、最下位になることはなくなりました。調子がいい時は、1位を獲得することも♪

ほとんど「ぴょんぴょん」しない

私の勝手なイメージで「CoDは、ぴょんぴょん飛び回るFPS」だと思い込んでいたので、CoD:MWをプレイしてビックリしました。

全然ぴょんぴょんしないんです!それどころか「静」「動」がハッキリしていて、ジリジリとした緊張感が味わえる「素晴らしい現代戦FPS」でした。

芋兵だらけで、クソゲー?

購入前に調べた情報で「今作は、芋プレイが強くてクソゲー」みたいな内容を沢山見かけました。

実際にプレイしてみると、定点でスナイピングしているプレイヤーが確かに多い…
噂通り「ガチ芋兵」も見かけました。

ですが、マップ構造を理解していれば、結構簡単に裏取りできるので、特に問題ありませんでした。BFシリーズにだって「ガチ芋兵」は沢山いますからね。

クソゲーと言われている理由は「リアル系FPS」になったから?

私の知っているCoDといえば「スポーツ系FPS」というイメージがあります。
展開が早い、ラン&ガンって感じですね。

しかし、今作は真逆の「リアル系FPS」の設定です。
マップが広くなり、きちんとクリアリングしながら進まないと、すぐにキルされてしまうようになっています。

今までのCoDタイトルよりマップが広いので敵との遭遇率は低く、確かに展開は遅い。時間切れで試合終了もしばしば…
この展開の遅さが、最近のCoDファンには受け入れられなかったのでしょう。

BF民の私には「ゲームスピード」が丁度よかった♪

前述のとおり「リアル系FPS」になったおかげで展開が遅くなったので、BF民の私には丁度良いゲームスピードに感じられました。

足音・銃声・マップ情報・リスポーン位置などなど…あらゆる物を利用して索敵しながらの戦闘は、ハラハラドキドキの緊張感が味わえて、メチャクチャ楽しいです♪

1週間プレイしてみた結果…

どっぷりとハマってしまい、レベル上げ&武器強化に忙しい毎日です♪
武器種類とアタッチメントが豊富で、自分のプレイスタイルに合わせてカスタムするのが面白いですね。
ハンドガン1つだけでも解除できるアタッチメントが沢山あるので、やることが山盛り!!

感想としては『もっと早くプレイしていれば良かった!!』の一言に限りますね。

『CoD:MW』は「BF5」と違った緊張感が味わえる『素晴らしい現代戦FPS』タイトルです!

私と同じように「BF5終わっちゃうし、どうしよう?」って人は、是非是非プレイしてみて下さい。特に、歩兵戦が大好き♪って人には、超おすすめです。

今回は、以上になります。
今後は、BFシリーズと共に、CoDシリーズの情報も紹介したいと思います。
面白い情報をお伝えできるよう頑張るので、今後とも宜しくお願いします。

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございます。
ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました